ヘトヘトの30代を救う!今注目のファイトケミカルおすすめ16選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供元:PAKUTASO)

30代の会社員は、プレーヤーとしての働きに加え、マネジメントの働きも要求されるため、どうしてもハードな働き方になりがちです。さらに、後輩・同僚・先輩・上司など、人間関係の気遣いも絶えません。

30代は、まさに体力と精神をすり減らし、ヘトヘトになるまで働く世代です。

今、注目されている「ファイトケミカル」は、ハードワーカーのあなたにとって、救世主になるかもしれません。

ファイトケミカルは、「野菜・果物・豆類・海藻」などの「色素・香り・渋み・辛み・苦み」の成分に含まれる物質で、健康効果が高いと注目されている栄養素です。

毎朝ハツラツとした顔で出社し、バリバリと仕事をこなしていくために、ファイトケミカルを活用しない手はありません。

ファイトケミカルの効果と摂取の仕方について詳しく解説していきます。

ちなみに、ファイトケミカルのファイトは、闘う(fight)ではなく、植物(phyto)を意味し、その種類は数千種類が存在すると言われています。

スポンサーリンク

ファイトケミカルの効果

(画像提供元:pixabay)

ファイトケミカルの健康効果で最も注目されているのが「抗酸化作用」です。抗酸化作用とは、体をサビつかせる体内の「活性酸素」のはたらきを抑える作用です。

活性酸素は、ストレス・紫外線・喫煙・飲酒・食品添加物などによって体内で増加し、体の細胞を老化させます。

体の細胞が老化していくと、疲労の蓄積・回復の遅れ・生活習慣病を招きやすくなります。

ファイトケミカルの抗酸化作用は、体内に増える活性酸素のはたらきを抑え、体の老化を抑え、疲労回復・血行促進・生活習慣病の予防効果が期待できるのです。

ファイトケミカルおすすめ16

(画像提供元:pixabay)

ファイトケミカルは、食べものやサプリメントから摂取します。ファイトケミカルは数千もの種類があり、その効果も異なります。

ファイトケミカルから大きな効果を得るためには、自分の状態に合ったものを選ぶ必要があります

体調や生活習慣ごとに最適なファイトケミカルを16個ピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

目の疲れが気になる人のファイトケミカル

  • アントシアニン(ブルーベリー・黒豆・なすなどの紫色植物)
  • アスタキサンチン(サケ・イクラ・キンメダイ・甘えびなどの魚介類)

アントシアニンとアスタキサンチンが持つ抗酸化作用は、眼精疲労に効果的です。

アントシアニンは、網膜色素のロドプシン(目に入る光の情報を電気信号に変え脳に送信する役割がある)を再合成させ、アスタキサンチンは、ピント機能の調節を改善することが研究によってわかっています。

パソコン作業やスマホ時間が多い方におすすめのファイトケミカルです。

生活習慣が乱れがちな人のファイトケミカル

  • カテキン(番茶・ほうじ茶・ウーロン茶などのお茶類)
  • リコピン(トマト・グレープフルーツ・すいかなど)
  • サポニン(大豆・黒豆・小豆などのマメ科)
  • クロロフィル(ほうれん草などの緑色野菜・海藻など)

これら4つのファイトケミカルは、血液中のコレステロールの増加の抑制・酸化防止・減少・排出を行い、血液や血管を浄化して生活習慣病を予防する効果があります。

食事の偏りや、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣がある方におすすめのファイトケミカルです。

ぽっこりお腹が気になる人のファイトケミカル

  • カプサイシン(唐辛子)
  • ラズベリーケトン(ラズベリー)

カプサイシンはアドレナリンを活発にするはたらきがあります。このはたらきにより、リパーゼとよばれる脂肪を分解する酵素が活性化。

新陳代謝がよくなり肥満予防の効果があります。ラズベリーケトンはラズベリーの臭い成分で、カプサイシンと似たはたらきがあり、ダイエット効果が期待できます。

お腹周りがタプタプとし始めた方におすすめのファイトケミカルです。

体がダルオモな人のファイトケミカル

  • アリシン(ニンニク・玉ねぎなど)
  • アリイン(ニンニク・玉ねぎなど)

アリシンやアリインは、単独で摂取するよりもビタミンB1といっしょに摂取すすると、疲労回復効果が大きくなります。

ビタミンB1は体に吸収されにくい成分なのですが、アリシンやアリインが吸収率を高めるはたらきがあります。ビタミンB1が豊富な豚肉のニンニク炒めは疲労回復に最適です。

朝起きたときに疲労が残っている方におすすめのファイトケミカルです。

ストレスがたまりやすい人のファイトケミカル

  • GABA(ぬか漬けなどの発酵食品・発芽玄米など)
  • テアニン(玉露・ウーロン茶・抹茶などのお茶類)

GABAやテアニンは興奮を鎮め、脳にα波が発生することが実験でもわかっています。α波の発生状態はリラックスしている状態を示し、ストレス脳を緩和します。

イライラしたり緊張したりする機会の多い方や、ストレスを感じている方におすすめのファイトケミカルです。

美肌を目指す人のファイトケミカル

  • タンニン酸(ワイン・柿渋)
  • スルフォラファン(ブロッコリースプラウト・キャベツ・大根など)

タンニン酸は、開いた毛穴を引き締めて目立たせなくする効果があります。

スルフォラファンには、メラニン色素を生む体内の酵素を抑制する作用があり、シミやそばかす予防改善する効果があります。

屋外での仕事が多い方や、肌のくすみが気になる方におすすめのファイトケミカルです。

スルフォラファン130mg

アルコール大好きな人のファイトケミカル

  • クルクミン
  • スルフォラファン(ブロッコリースプラウト・キャベツ・大根など)

クルクミンは、秋のウコンに多く含まれている黄色成分です。アルコールの分解を促進し、肝機能を向上させます。

スルフォラファンは、美肌効果の他に、肝臓の解毒作用を高める効果があり、アルコールの分解にも効果が期待できます。

毎日の晩酌を欠かさない人、接待などのお付き合いでアルコールを飲む機会が多い人におすすめのファイトケミカルです。

32歳前後は体の変化に気を付けて

(画像提供元:PAKUTASO)

東洋医学の書物「黄帝内経(こうていだいけい)」では、「男は8の倍数」で体に変化があると記述されています。個人差もありますが、32歳をピークに体力は衰え始めます

20代と同じ感覚で過ごしていると、知らないうちに疲労が蓄積し、体が思うように動かなくなったり、覇気がなくなったりすることにもなります。

ファイトケミカルは、疲労回復や機能改善が期待できる成分です。食べものから摂ることが望ましいですが、どうしてもできない場合はサプリメントで補ってください。

ファイトケミカルはきっとあなたの救世主になってくれるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加