さあ走り出そう!ランニングの楽しみ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供元:pixabay)

手軽にできる運動、といって思いつくのはランニングです。運動できる服装とシューズがあれば、家の周りでもすぐ行うことができます

しかし、継続するのはなかなか難しいもの。そこで今回は、ランニングをフ楽しく、続けていくためのコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

基本は無理をしすぎないこと

(画像提供元:frickr)

ランニングを始めるとなると、ついはりきっていきなり走りすぎてしまう人も多いことでしょう。その結果足や腰を痛めてしまったり、疲れすぎて次の日に走るのがもう嫌になってしまったりしがちです。

けして無理はしすぎず、少しずつ走る距離やスピードを伸ばしていくようにしましょう。一番良いのは少し物足りない程度に収めておくこと。

食事も腹8分目がよいといいますが、ランニングも8分目にしておけば気持ちよく継続することができます。

ランファッションの基本は「タイツ+ショートパンツ」

(画像提供元:pixabay)

近年、多くのブランドがランニングタイツを発売しています。防寒・防滴、筋肉の引き締めといった機能面のみならず、非常にファッショナブルなものが増えています。

ロングパンツに比べて走りやすいのもあり、近頃は多くのランナーがタイツを着用しています。欧米だとショートパンツをはかず、タイツのみの人もよくいるほどです。

タイツは色の暗いものが多いですが、鮮やかな色のラインや模様の入ったものが主流です。その色とトップスの色を合わせるのが基本的なコーデとなるでしょう。

シューズや時計、寒い季節には手袋やハットなど、差し色を加えることができる小物が多くあるので、好みの色合いに揃えるとよりオシャレさが増していきます。

何かを始めるときは、まず格好を整えることから入ると続けやすくなります。お気に入りのタイツを見つけ、それに合ったTシャツやシューズ、パンツなどを揃えていきましょう。

企業のプロモーションビデオもコーデの参考にもなると思いますのでぜひチェックしてみてください。

ナイキ

アディダス

走る前には動的ストレッチを!

(画像提供元:shutterstock)

運動する前にストレッチをすることは常識だといってよいでしょう。硬い体のまま走り出しては怪我をしかねません。

しかし、ゆっくりと筋を伸ばす静的ストレッチでは、逆に怪我をしやすくなってしまうんです。運動前に行うべきなのは「動的ストレッチ」

体を動かして可動域を広げるストレッチです。おすすめはラジオ体操。静的ストレッチは老廃物を輩出し、疲れを軽減する効果があるので、運動後に行ってください。

こちらも記事も参考にしてみてください

スポーツのパフォーマンスを向上させるのに、ストレッチは決して欠かすことができません。40代になってもメジャーリーグで...

ランニング継続のためにはSNSで共有

(画像提供元:pixabay)

3日坊主になりがちなランニングですが、継続のコツは周囲の人々にランニングをする、と宣言すること。そうすればサボり心が芽生えても、周囲からのプレッシャーで継続することができます。

おすすめはアプリを利用し、SNSで共有すること

GPSを使ってランニングの距離や時間、速度を計測できるアプリは多くのメーカーから提供されています。そして、その結果を簡単操作でfacebooktwitterといったSNSに投稿できます。

投稿しなければサボったとばれてしまうので、継続できるというわけです。ランニング中に見つけたきれいな景色などをインスタグラムで共有するのもいいアイディアでしょう。

まとめ

(画像提供元:pixabay)

大事なのは、楽しみ方を見つけること。ランニングには、人それぞれのスタイルがあります。速さや距離にこだわったり、ファッションに凝ったり、インスタに上げる写真をとることだったり。

楽しみ方が見つかるまでは多少しんどいかもしれませんが、いちどはまってしまえばあとは一直線です。今回の記事を参考に、最初の一歩を踏み出してみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加