できる男はチャリ!この秋から始めるサイクリング3つの楽しみ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供元:pixabay)

爽やかな風を浴びて颯爽と走るロードバイク。「俺も自転車に乗ってみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

芸能界でも、できる男は自転車を好むようです。マッチこと近藤真彦さんは自他ともに認める自転車愛好家

200万円もするトライアスロン用バイクの他、観賞用も含めて多くの自転車を所有しているそうです。

53歳になってあの若々しさを維持できるのは自転車に乗っていることも一つの要因かもしれません。

その他に自転車愛好家として有名なのが、オリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さん。日常の移動は全て自転車というほどの自転車好き。

80万円もするロードバイク盗まれたことも有名な話です。彼のインテリジェンスも自転車から生みだされているのかもしれません。

暑い夏が終わり涼しくなってきた今が自転車の始め時。サイクリングの3つの楽しみ方を解説していきます。

スポンサーリンク

サイクリングの楽しみ方1:ポタリング

(画像提供元:pixabay)

走る距離や速度は気にせず、とにかくマイペースで自由に自転車を走らせて、自転車の散歩を楽しむのがポタリングです。

地元の観光スポットやフォトジェニックな場所を訪ねてみるのもいいですね。近くのカフェ、本屋さんなど家の近くを買い物ついでにブラブラと散歩する感覚でサイクリングに出かけてみましょう。

ポタリングの自転車に向く自転車

もちろん今ある自転車でもポタリングを楽しむことができますが、自転車の購入を検討しているならポタリングに以下の2つがおすすめです。

  • ミニベロ
  • クロスバイク

ミニベロは、タイヤが20インチ以下の大人の自転車。タイヤが小さいため、身長の高い人は窮屈に感じるかもしれませんが、小回りがきいてデザイン性が高いので近距離の街乗りをオシャレにポタリングしたい人に向いています

クロスバイクは、本格的なロードバイクとマウンテンバイクの中間にあるバイク。街乗り専用のバイクよりも軽く走りも軽快で、普段使いをしながら時々長距離も走りたいと考えている方におすすめです。

ポタリングの服装とアイテム

ポタリングを安全に楽しむために以下のものを準備しましょう。

  • カジュアルウェアでOK
  • ヘルメット
  • グローブ
  • 樹脂製のサングラス
  • サイクルボトル
  • ボトルケージ

近所を散歩感覚でサイクリングするポタリングは動きやすいカジュアルなウェアで問題ありません。

ただしヘルメット、グローブの安全アイテムは必ず装着するようにしましょう。カジュアルなヘルメットもたくさんあるので、お気に入りのものを見つけてください。

その他には、樹脂製のサングラスと水分補給をするためのサイクルボトルと自転車への取り付け用ボトルケージがあれば便利です。

サイクリングの楽しみ方2:通勤サイクリング

(画像提供元:pixabay)

ギュウギュウに押し込まれる満員電車での通勤よりも、涼しい風を浴びながらサイクリングで通勤してみませんか。忙しくて運動をする時間がない方も、すいすいと通勤ができて運動不足が解消できるので一石二鳥です。

通勤距離別のおすすめ自転車

通勤の距離別におすすめの自転車を紹介します。1区間の距離は東京山手線の平均1.2kmとしています。

  • 4駅まで:クロスバイクまたはマウンテンバイク
  • 8駅まで:クロスバイク
  • 8駅以上:クロスバイクまたはロードバイク

通勤サイクリングで一番のおすすめはクロスバイクです。クロスバイクはストレートのハンドルで視認性が良く、市街地での中距離サイクリングにはぴったりの自転車です。

4駅圏内の通勤であればスピードはクロスバイクに劣りますが、乗り心地の良いマウンテンバイクも選択肢に入ります。

12駅を超える通勤はロードバイクが断然おすすめです。もともとレース用の自転車のため重量は非常に軽くクロスバイクよりさらに軽快な走りになります。

ロードバイクのハンドルはドロップハンドルで、いくつかの持ち方ができて長距離走行でも疲れにくいのが特徴です。

通勤サイクリングの服装

通勤サイクリングで迷うのが服装ではないでしょうか?通勤距離別に最適な通勤の服装を紹介します。

  • 4駅まで:ビジネスウェア
  • 8駅まで:自転車専用ウェア
  • 8駅以上:自転車専用ウェア

4駅圏内の通勤の場合、クロスバイクを使えばすぐに到着してしまいます。服装もビジネスウェアでも問題ありません

それ以上のサイクリング通勤は、発汗・動きやすさ・サイクリング性能を高めるために専用ウェアの装着がおすすめです。

スーツの場合は会社についた後に着替えます。持ち運びが面倒な方は、リュックタイプのガーメントバックがおすすめです。

ガーメントバッグとはスーツに付属してるカバー。そのカバーがリュックになっているので通勤サイクリングに便利です。

それでも「俺はスーツで行きたい」という方には、自転車用スーツがあります。通気性とストレッチ性が高く、洗濯もできるのでおすすめです。

通勤サイクリング必須アイテム

ポタリングで紹介した、ヘルメット・グローブ・樹脂製サングラスの他に、通勤サイクリングでは、以下のアイテムが必須です。

  • ヘッドライト
  • テールライト
  • 反射板
  • 泥除け
  • スタンド
  • 長いワイヤー錠

ビジネスサイクリングでは帰宅時は夜間走行になる方が多いはずです。夜間の安全走行にはヘッドライト・テールライト・反射板は必須です。

反射板は自転車だけでなく、安全のため腕に巻き付けるバンドタイプのものなども身に付けるようにしてください。

泥除けは雨の日にウェアが汚れずに済むので重宝します。取り外しが可能なものもありますので、購入しておくと便利です。

スタンドを付けない方も多いですが、意外と自転車を立てかけておく場所は少ないものです。通勤サイクリングではスタンドを付けておくと行動がスムーズです。

最後に、ワイヤー錠は長いタイプがおすすめです。固定構造物がない場合でも、前後のタイヤにワイヤー錠を通すことができるので、盗難防止に一定の効果があります。

サイクリングの楽しみ方3:ロングライド

(画像提供元:pixabay)

ロングライドはツーリングともよばれ、長い距離のサイクリングのことを言います。ロングライドの距離の定義はありません。

ベテランになれば2030kmだと近所の散歩程度に感じます。感覚的には100km200kmがロングライドのひとつの目安になってきます。

短い距離にはない風景の移ろい、香り、風がロングライドでは味わうことができます。そして完走した後の心地よい疲労感と達成感はまた格別です。

ロングライドにおすすめの自転車と装備

ポタリングや通勤サイクリングで紹介した、アイテムに加え、ロングライドでは以下のアイテムが欠かせません。

  • ロードバイク
  • パンク修理キット
  • レーシングパンツ・インナーパンツ
  • GPSナビ機能付のサイクリングコンピューター
  • バックパック・フロントバッグ・サドルバッグ
  • 水・食料

ロングライドをする場合の自転車はロードバイク一択です。自転車の中で走るということにおける性能が最も高く、ボディが軽量なので坂道にも強いです。

ハンドルはドロップハンドルで、いろんな態勢を取れるため距離でも疲れにくいのがロードバイクの魅力です。その分、価格は高めで盗難にも注意が必要です。

装備品で重要なのがパンク修理キット。走行性能を高めるため、ロードバイクのタイヤは細く、一般の自転車に比べてパンクの確率は高めです。

チューブ携帯ポンプの他、タイヤとチューブを脱着するときに使うタイヤレバーの3つがパンク修理キットの基本セットです。

その他、経路案内のためのGPS付のサイクリング用コンピューター、水・食料とそれらを入れるバック類が必要になります。

後は万が一に備えて、輪行グッズも検討しておきましょう。輪行とは自力で帰ることができない場合に、ロードバイクをばらして袋に入れて運ぶことをいいます。

初心者向けロングライドイベント7選

自転車は一人で気軽に始められるのが一つの魅力ですが、慣れてくると必ずステップアップしたくなります

「誰かと走ってみたい」「もっと長い距離を走りたい」。そう思ったらイベントに参加してみましょう

ひとりのサイクリングとは違う感動を体験することができるはずです。エントリー受付中の初心者向けイベントを7つピックアップしてみました。

サイクリングのための基礎知識

(画像提供元:pixabay)

サイクリングを楽しむためにはマナーと準備体操の知識は必要不可欠です。プロが語るロードバイクのマナーと準備体操を紹介します。

  • 美人サイクリストが語るロードバイクの基礎知識

美人すぎるサイクリストとして話題の日向涼子さんがロードバイク初心者に向けて基礎知識と魅力を語ります。

https://www.youtube.com/watch?v=oenYOI_4KaI&t=8s

  • サイクリングのプロが教えるストレッチレッスン

公益財団法人 日本サイクリング協会の副会長である加藤元彦氏によるサイクリングのためのストレッチレッスン。85歳になる加藤氏はバリバリの現役サイクリストです。

https://www.youtube.com/watch?v=-ahdERdaR_U&t=244s

まとめ

(画像提供元:pixabay)

サイクリングは有酸素運動です。有酸素運動は脳の海馬を大きくし、記憶力や認知能力が高まるという研究結果もあります。

他にストレスの緩和体脂肪の燃焼によるダイエット効果血管の柔軟性を高める効果など、様々なメリットがあります。

まずは気軽なポタリングから始めて、通勤、ロングライドというように走行距離を伸ばしていきましょう。

自転車のペダルのひと漕ぎが、できる男のもつ若々しさやインテリジェンスを伸ばしていくに違いありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加